何かわからないことの喜び

監督も出演者もわからないようにしてDVDをレンタルすることが出来るんですね。
ジャケットもなく、キャッチコピーだけで選びます。
これはある程度の映画を見ていて自分の好みのものが見つけられないときは良いでしょうね。
でも見たことがあると困りますけどそれを回避できるのであれば名案です。
この手の売り方は小説でもありましたね。
でも小説の場合は一度購入済みの場合は返金するってのもあったような。
自分で選ぶと同じようなものしか選びませんから、選択肢としてはいい。
ただ私は選ばないかなぁ。
自分で選んでつまらなかったら自分の責任だから良いけど、キャッチコピーで選んで面白くなかったら思わず文句が出そうです。
キャッチコピーにも難癖をつけそうです。(笑)

コメントは受け付けていません。