アメリカ版『グッド・ドクター』

心が綺麗だとか無垢だとかすばらしい人格、素敵な性格の人はいます。
でもそれは社会生活がおくれる上でのこが条件のような気がします。
自閉症スペクトラム障害でサヴァン症候群の外科医が主人公の、アメリカ版『グッド・ドクター』を見ました。
もちろん主人公の味方として視聴していますし応援しています。
でも相手を知らない人からしたら、この人は大丈夫だろうかという疑問は誰でもあるでしょう。
信頼したうえで愛する人を任せたいと思うのが普通です。
天災とはいえ、命や今後の生活に直結する外科医ですから余計に不安でしょう。
でも一話で、飼っていたウサギが天国に行ったこと、弟が自分の目の前で天国に行ったことを語ったときには涙が出てきましたね。
信頼を得るのには時間がかかるけれどタイトル通り、良い医者は間違いないです。