異人種間結婚禁止法

異人種間結婚禁止法なんて時代錯誤な・・・と思いましたがたった60年前まであったとのことで驚きました。
『ラビング ~愛という名前のふたり~』という実際にあったことを映画化した作品が公開されています。
アメリカでは50の州で違う人種同士で結婚出来ない状況だったので可能なところで結婚して夫婦になった2人の物語です。
婚姻関係を解消しない限り収監されてしまう危機になり仕方がなく移住する2人。
ロバート・ケネディ司法長官に手紙を書く黒人の妻に対して無償で弁護士を用意してくれました。
1967年6月12日バージニア州での異人種間の結婚が可能になります。
高校の授業で教科書になるくらいアメリカでは有名な出来事だそうです。
6/12はラビングデーとなりました。