常識だと思い込んでいたもの

少し前からエスカレーターでは歩いてはいけないという話し。
子供のころからエスカレーターはあるし、片側に乗ってもう片方は急いでいる人用にあけておくというのは常識のようにありました。
人のことを考える日本らしい習慣ですね。
しかし、エスカレーターは歩行するためのものではないとなると別です。
もう何十年もそうやってきたのだから、これから立ち止まることにするのは難しいですね。
でも危険である、やりましょうとなるのであれば、徹底的にやるべきです。
乗り場のところで注意書きをしたり放送で流すかとですかね。
メディアでもっと取り上げるにしても、知らない人は知らないとなってしまいます。
ルールを守っている人へ無知な人が文句を言うことだって考えられるのですから浸透させるべきです。