判定「チャレンジ」

今のスポーツはきわどい判定の場合に映像で確認が出来る「チャレンジ」がなんにでもあるんですね。
バレーボールでもあることをはじめて知りました。
しかも映像を進めたり戻したりしてコミカルな動きです。
相手がチャレンジを行って失敗すると、ちょっと言い方は悪いけど嬉しさ倍増になりますね。
テニスのチャレンジはボールが当たったところがCGみたいなので表示されますよね。
あれって不思議ですね。
コートにセンサーでもついているんでしょうか。
いったいどんな仕組みなのかさっぱりわかりません。
審判も人間ですから時には間違えることがあります。
だからハイテクな機械を使って判断が出来る「チャレンジ」はとても必要だと思いますよ。
チャレンジすらできない競技は大変ですね。