なにかのきっかけで、以前起きた事件について掘り起こされる短編集を読みました。
あのときのあれはそういうことだったのか・・・と関係者が分かる物語で少しめずらしいですよね。
残虐なシーンもなく、誰かが誰かのために起こした事件が中心です。
あっさりと読めるし好きな作家さんです。
残念なのは一番はじめに読んだ作品が一番おもしろかったことですね。
それについては名前のトリックがあったから、読み終ってもなにがなんだかわかりませんでした。
思わずネットで検索してしまいました。
なんでもかんでもネットで検索して答えを得ようとしてしまうのはよくないことだと分かっているんですけどね。
それでも完全なネタバレはみつからず、もう一度読み直して理解できました。