Coffee Blues

小路幸也さんの[Coffee Blues]を読みました。
いつもの小路さんの本よりもスピード感があってドキドキしてしまいました。
が。そのドキドキは終盤には途絶えてしまってだらだらした内容になっていたのが少し残念ですね。
連載小説のせいかちょっとした間でなんとなく消化不良になってしまいました。
小路さんの本はのんびり読めるものが多い印象なので、この手の話しも新鮮で面白かったです。
ただ亡くなってしまった彼女については解せないところもあってもう少し説明が欲しかったかな。
物語は5年前に亡くなった彼女と小さな女の子からの「消えたお姉ちゃんを探して」というところからはじまります。
愛すべき登場人物が多かったのでもっと続きが読みたくなりました。