緑内障の人

ジョギングやウォーキングなど有酸素運動は眼圧が下がる。
しかし短時間しか下がらないので長期的には不向き。
40歳以上の年齢で、近視の人は5年に一度の検査で早期発見することができます。
その他に注意するべきことか、視野がかけているところには食器を置かないということです。
一緒に生活する家族が気を付けてあげるだけで本人の心労の軽減にもなります。
また、自分から気を付けていくと普通に生活しやすくもなります。
外食などで他人と食事をするときなど机の端っこに座って、人に迷惑をかけないようにすることができる。
視野欠損がどこかを知ること。自覚すること。
自分のまわりにうっかりさんがいたらもしかしたらと疑ってみるとその人のためになるかもしれません。