ビタミンDが不足

ビタミンDはがん細胞を抑えて大腸がんにも有効的です。
リトコール酸も大腸がんの原因のひとつです。
胆汁酸が象徴で回収しきれず、大腸にまでいってしまいます。
それをビタミンDがカルシウムとを中和してくれます。
これは現在、世界各国で研究されていることです。
インフルエンザウィルスにまで作用すると日本で研究されているなんてびっくりですよね。。
現代の日本人の多くがビタミンDが不足しています。
それは何故でしょうか?
要因は紫外線を浴びなくなったことです。
ああ…と思わず声が出てしまいました。
私も紫外線を浴びないように浴びないようにって生活しています。
日傘も常備していますしね。
ビタミンDをつくるために少しは紫外線を浴びるべきなんですね。